中村活版印刷所

私たちについて about us

人を引き付ける活版印刷に魅せられて

人を引き付ける活版印刷に魅せられて
中村印刷は、古い印刷技術である活版印刷に魅せられ始まりました。
味わい深く印象に残る活版印刷には、人を引き付ける魅力があります。
大量生産ではなく、ひとつひとつ手作りで仕上げた作品には、手に取る人に豊かさと温もりを与えてくれます。デジタルな時代だからこそ、アナログの印刷技術を現代に活かしたい。
活版印刷をみなさまに伝え、想いを形で表現するお手伝いをしたいと中村印刷は考えております。
活版の良さを最大限に表現できるデザインを常に考えています。

人を引き付ける活版印刷に魅せられて

制作実績 works

  • ロゴが可愛くて活版印刷が映えます。
  • この素朴なムラ感がなんとも。
  • 手書き文字を印刷
  • ショップカード
  • 紙製 手帳カバー
  • レユニール様・カード
  • 名刺。
  • ステーショナリーな引出物
  • 活字の命名カード。
  • 名刺 グムンドコットン420kg
  • メニューブック
  • 封筒
  • 月の名刺
  • フェルトのような雰囲気纏っています。
  • 用紙はヘリオスGA
  • がじゅまるの手漉き和紙。

ブログ blog

  • オフセット印刷機もいます。
    date : 2020/10/20
    弊社では活版機械以外のオフセット機械も設備しています。 「AB DICK 360」製造年は分かりませんが、昭和の機械であることは間違いありません。 アメリカ生まれの沖縄育ち、主に封筒印刷で活躍中です。
  • TETE様 オリジナル。
    date : 2020/10/15
    設計事務所 Atelier Tete(アトリエ テテ)様よりご依頼の手のひらサイズのリングメモ帳です。 コルドバという革のような用紙に活版印刷がよく似合っています。 裏表紙は違う用紙をチョイスしていて、見る面で表情が違います。 また、Teteさんはロゴで Oh! my Note! も作っていて、打ち合わせなどで活用してくださっています。 お洒落なお家を作りたいっっっ!...という方
  • 我が社の断裁機。
    date : 2020/10/13
    昭和レトロな機械を紹介します。 まだまだ現役の断裁機。 今年で40歳を迎えましたが、サクサクスパッと斬れっ切れの仕上げの達人です。
  • 休日。
    date : 2020/10/12
    おはようございます。 昨日の日曜は、貴重な休日の一日。 大好きなドライブとショッピングでリフレッシュしてきました。 私どものお客さま、そーばぶるさんが読谷で出店していましたので、ドライブ休憩に抹茶オレを... 優しい甘さが心と体に染み込みました。 癒しの一日を過ごせたことに、感謝。